2016/06/16

たまごリピートの魅力は、機能+サポートですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

自前の基幹システムでは柔軟性が足りませんでした

「今日はよろしくお願いします。まずはじめに、会社概要について教えて下さい。」

はい、よろしくお願いします。

弊社は平成2年創業の「健幸商品」を通信販売や卸売を通じて届けている会社です。
(※「健幸」というのは、商品を通じて縁のある方々が身心ともに健やかで、幸せになってもらいたいという願いを込めてるとのこと)

「ドッグスタンスはスタートして約3年とのことですが、きっかけはなんでしたか?」

人の健幸を仕事とする中で、ワンちゃんの現状をよく知る専門家の方々との出会いがあり、多くのワンちゃんが凄く苦しんでいることを知ったのがきっかけです。

少しでも多くのワンちゃんとご家族を支える事が出来たら、という願いから、ドックフード事業部が始まりました。

「今、たまごリピートを使って頂いてますが、導入前の課題は?」

通販だけでなく卸・商社の機能があるので、当時は自前の基幹システムとカートを連携して使ってました。

フレキシブルさが全くなくて、、、定期購入にも対応してませんでした。

単品リピート通販をやっていくには、これでは難しいと感じ、新しいカートシステムを探し始めました。

また、2ステップで販売していたのですが、カートにマーケティング機能がなかったため、定期購入に引き上がらず、LTVも低いままでした。

「どこで、たまごリピートを知ったのですか?」

たしか、たまごリピートはセミナーで知ったと思います。他にも、幾つか3社ほど検討しましたね。

「第一印象はどうでしたか?」

まず、ユーザビリティーの高さと定期宅配の仕組みを重視していたので、たまごリピートは「良い!」と思ってましたが、、、
正直、多機能なのと他カートと比べて月額利用料が高いので、「使いこなせるかな」「この金額に見合うのかな」という不安がありました。

でも、後からシステム移行するのは大変なので、「商品数・顧客数などが少ない今しかない!」と決意し、導入を決めました。

定期購入への引き上げ施策が出来るようになりました!

「実際、使ってどうですか?良かったですか?」

導入して良かったのは、引き上げのマーケティングですね

導入前は、ステップメールも外部のサービスを使っていて、手動で作業をしていましたが、これがなくなったのは楽になりました。
売上分析も、より細かく把握する事が出来るのも良かったです。

また、サポート(たまごコンシェル)の方が非常に良かったです。

というのも、カートシステムって事前に習ったりマニュアルを見ても、使わないと覚えないですよね。
だから、導入をした私が、システムの使い方を覚えてそれをスタッフや外注先の物流・コールセンターにも教える必要があるんですよ。

売上を上げなければならないので、当時はそれに困っていたのですが、担当者が直接コンシェル(サポート担当)に聞けば解決できていたので、それは凄く助かりました。
多機能のカートシステムってマニュアルだけ読んでも、使いこなすことは難しいですから。

他にも、アップグレードの多さというのも、元々自前でシステムを作っていたからこそ分かりますが、凄いと思います。

「使っていて、課題はありますか?」

まだまだ使いこなせていない、ということですね。
集計・分析などを徹底出来ていなかったことを、
ワークショップの参加企業と話をしていて思いました。

「ワークショップはどうでしたか?」

近々、ワークショップで一緒だった企業さんに相談に行くのですが、ワークショップに参加して、本当に良い仲間ができたと思ってます。

「最後に、単品リピート通販にとってカートシステムとは?」

対面販売でやってるワントゥーワンの対応を、通販でもやりたいと思ってるんですよ。

例えば、対面だったら相手の悩みに合わせて提案を変えたりするじゃないですか。通販でそういったフォローを実現するのをカートシステムが助けてくれてると思ってます。
他にも、社員を一人雇っている感覚です。

ステップメールや分析などを行うスタッフを、カートシステムの月額固定費で雇っていると思うと、何倍もの効果がありますよね。

「久保様、お忙しい中ありがとうございました。
対面販売の接客を通販でも実現できるよう、弊社も精一杯サポートさせていただきます!」

 
case_bnr_tamago

関連記事

コメントを残す

*