2016/03/28

無料でできる!スマホサイトの入力フォーム対策2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ここ数年好調の化粧品通販業界の成長を加速させたのはスマホの普及が大きいです。
20代・30代向けの商品の場合、CVの9割がスマホという通販企業もあります。

そこで本日は、化粧品通販に欠かせないスマホサイト・スマホフォームについてのお話と、まだスマホサイト・スマホフォームが無いというネットショップ運営者に向けに“スマホサイト対応の応急処置”として段階的な対策を2つご紹介致します。

化粧品通販に欠かせないスマホサイトとスマホフォーム

レイアウト-スマホ比率1

上記の調査は弊社グループが調べたPCサイトとスマホサイトの利用率についての調査データです。

化粧品通販企業では、2012年はPCが98%、スマホが2%だったのが逆転して、14年にはPCが30%、スマホが70%に。
健康食品通販企業でも、2014年にはPC 50%:スマホ 50%と同じ割合までスマホが伸びました。

もはや化粧品通販立ち上げ時のメインターゲットはスマホユーザーを中心に考えるのが必須です。
つまり、スマホサイトの有無が成約率アップのカギを握っております。

スマホサイト・スマホフォームで成約率の上がる3つの理由

①単純に見やすい!

スマホでPCサイトを見ると疲れませんか!?
文字が小さかったり、うまくズームできなかったり。お客様はそういった小さなストレスがたまりショップから離れて行きます。
立ち上げ時のまだ名前の知られていない時期だからこそ特にこのような気遣いを大切にしてください。

②入力がしやすい

1)と同様の理由ですが、特に入力フォームでの差が大きく現れます。

PC向けに作られた入力フォームをスマホで入力するのはストレスの元!
「何度入力してもエラーになる」と思ったらページの右側に入力が隠れていた!というケースはないでしょうか!?

立ち上げ時は特に貴重な広告予算を無駄なく獲に繋げるためにもぜひとも対応をしておきたいところです。

③集客面で有利

見込みのお客様が集まりやすい検索エンジンの上位に表示されることは、健康食品や化粧品通販にとって効率良く新規客を集めるためにもとても大事な集客施策です。

スマホサイトの用意は検索エンジン対策にも有利に働くと言われております。

スマホサイト・スマホフォームを用意できない理由とは?

良いことずくめのスマホサイト・スマホフォームですが未だに用意をされていないECサイトも多く存在します。

その理由には「費用」「開発期間」「管理」 が主な理由です。

一般的にはWEBサイトやフォームの制作は工程上、大きなサイズ(PCページ)からつくり、その後小さなサイズ(タブレット、スマホ)を作る方が制作パーツを縮小できることから、制作時間を短縮化でき、費用も抑えることができます。

このような理由から

  • 「まずはPCサイトを作る」
  • 「スマホもつくると余計にお金がかかる」
  • 「PCサイトでも見れるし、管理も大変そう。」
  • 「スマホサイトやスマホフォームは後で…」

といった考えからスマホサイトやスマホフォームの制作が後回しにされやすい状況があります。
リピート率やCV率アップといった改善指標が明確な通販市場ではスマホサイトやスマホフォームを導入するメリットが表れやすい市場です。
指標改善のためにはスマホ対応が成功には欠かせません。

そこで今回はスマホ対応の応急処置方法2点をご紹介します。

スマホ対応の応急処置方法

応急処置1 入力フォームだけ対応する

EFOの記事でも紹介のとおり入力フォーム(カート投下以降の機能)の改善効果は費用対効果に優れており、効果も早く現れます。

入力操作がスマホサイズに最適化されるので誤操作や説明文の読みにくさが解消されリピート率、CV率のアップに期待が持てます。

※check point※

カートシステムが対応をしていることが前提になりますが、弊社で取り扱う「たまごリピート」の場合は「重要項目の設定」内の選択肢を変えるのみでカート部分だけスマホに対応させることができます。

1450234606

「スマホサイトはこれから作る」「予算申請のためのデータが欲しい」といったケースでは、まずはこのパターンを試して数値を集めてみてはいかがでしょうか?

応急処置2  LPだけ対応する

化粧品通販の新規獲得ではほぼLPを用意されているはずです。
この獲得への貢献度が大きいLPだけを先に対応してしまいましょう。

本来はサイト全体をスマホ対応にすることが望ましいのですが、LPに限定すれば開発期間やコストも抑えられるはずです。

※check point※

カートシステムによってはPCサイトがあればスマホ表示に最適化してくれる機能をもったシステムもございます。

本来はPC向けに作った大きな画像をスマホの小さなサイズで閲覧しやすいようレイアウトを調整したり、文字サイズを変える作業、その他お客様の端末による振り分けの設定など多くの作業が必要になるのですが、応急処置ということでPC用の画像を流用、管理画面へ、入稿することでスマホサイズに最適化されたページを用意することができます。

弊社で取り扱う「たまごリピート」のにもこの機能は搭載されております。

1450234749

スマホサイトのヘッダー&フッターをカートと同じにすることでカートに入れても違和感を与えにくいページの遷移が作れます。

また、ページの移動ごとにお客様へPC画面を拡大していただくことがなくなりますのでお客様の負担を減らせます。

健康食品通販のスマホ利用者は、操作に慣れていないケースも多く、操作をお客様任せ(お客様の負担)にしないことが成功にはかかせません。

まとめ:成約率に関わる2ケ所は優先的にスマホ対応を!

スマホの普及が進むにつれ、近い将来には必ずスマホ対応の必要に迫られるはずです。
まだスマホ対応が整っていない化粧品通販企業様はその時に向けて、成約率に大きく関わる①入力フォームと②LPのスマホ対応は優先して行っておきましょう。

またカートシステム自体が「スマホフォーム」や「スマホサイト作成」を手助けしてくれるツールを搭載しているケースも多いので、これから化粧品通販を立ち上げる企業様やカートをお引越しされる企業様は、スマホサイトの作成がカンタンに行える機能の有無も忘れずにチェックしておくと良いでしょう。

それだけで、成約率がアップし立ち上げ時の貴重な広告費をうまく成果につなげることができます!

オススメ情報!

スマホたまごバナー

関連記事

コメントを残す

*