2016/05/17

驚愕!?繁盛しているネットショップ 成功の秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。スタークス大塚です。

先日、ある通販企業が主宰する、リピート通販塾に行ってきました。
この通販塾、半年間のプログラムなのですが、数十万円もする高額のもの。
「通販をやっていないのに投資回収できるのか…」と悩みましたが、社長に無理を言い通ってます。
で、実際行ってみるとどうなんだ?というところですが、、、

飲み会は最高の情報収集、情報交換の場!

ネットショップ成功の秘訣1

数十万円もするこの通販塾。
実際に参加してみると、どうだったか?と言うと、

「すごく良かったです!」

というのが感想です。

何が良かったか?というと、ズバリ、飲み会!(笑)
ん?と思う方もいるかもしれませんが、飲み会を侮ってはいけません!!

というのも、年商数十億企業の通販塾なので、当然ノウハウやコンテンツも凄く勉強になるのですが、お酒の入った席で、様々なネットショップの社長さんの創業ストーリーや成功の秘訣といった“ぶっちゃけトーク”ができるのが懇親会なんです。

同業のネットショップと情報交換したいけど、、、
なかなか、同業であるネットショップ同士、横のつながりはありませんよね?
そんな悩みを解決してくれるのが、通販塾やセミナー後の飲み会なんです。

例えば…

・実際、あの代理店どうなの?
・どこのコールセンターが良いの?
・おたくの数字ってどれくらい? etc…

と言った生々しいネットショップの成功の秘訣が飛び交ってます。(何度もお酒を一緒に飲むと信頼関係ができますよね)

こういった情報、凄く貴重だと思いませんか?

ネットショップの運営はあらゆる業務を外注先と行います。
商品、広告、制作、物流、カート、コールセンターetc…

ほぼすべての業務にパートナー企業が絡んできます。
なので、自社にとって最適なパートナーはどこか?繁盛しているネットショップはどんな事をやってるのか?

そういった情報というのは大きなアドバンテージになります。

ネットショップ運営は外出せずに事業を回すことも可能ですが、ぜひ積極的に色々とネットショップが参加しているコミュニティに飛び込んでみてはいかがでしょうか?

良質な情報。刺激し合える仲間。尊敬できる恩師。
社内では得られない貴重な経験や秘訣が得られます。

その数字。実は優秀かも!?

ネットショップ成功の秘訣2

とはいいつつも、「広告、ランディングページ、キャンペーン企画とやること山積みなんだよね…」というネットショップ担当の方にはぜひこのお話を聞いていただきたいです。

ある化粧品販売を行うネットショップではリピート率のアップをショップの年間課題と考え、改善に力を入れていた年がありました。
しかし、「リピート率の業界基準値」を知らなかったことが原因で、改善メリットの少ない施策に一年間を費やしてしまった結果、事業の成長に時間がかかってしまったという話があります。

私たちのような複数の化粧品通販企業の経営状況を知っている側からすると、そのネットショップのリピート率は業界平均からみて「非常に優秀な数字」でした。
ですのでもし私がその化粧品ネットショップの担当で数字を見ていたのなら他社の平均値などと比べた事例で社内を説得し、他の数字の改善に力をいれていたでしょう。

しかし、業界水準を知らないがために、改善幅の少ないところに注力したため、
売上が伸びないという結果になっておりました。

そういった無駄な努力や時間を減らすためには、広告代理店など取引先から情報を仕入れるのも大切ですが、同業他社と交流し、情報交換することをオススメします。

なぜなら、同じように化粧品販売のネットショップを経営する仲間の成功事例や情報というのは、取引先から聞く情報と比べ、何倍もの濃さや正確性があるのです。
繁盛しているネットショップは、外に出て情報収集・交換の場を持つことの重要さ、集めた情報の結果から施策の時間短縮ができることに気付いているので積極的に外に出れる制度を作っていたりするのです。

仲間と出会う方法は?

ネットショップ成功の秘訣3

では、同じ化粧品通販企業と知り合い、交流を深めるためにはどうしたら良いのでしょうか?

一般的には同業種の集う交流会への参加があります。
だだし自社と近い状況のネットショップに出会えるかがポイントですが、実際はなかなか難しいでしょう。

そこでオススメは、「同じカートシステムを使う企業」の集う催しです。
カートシステム会社が下記イベントを開催しているタイミングがチャンスです。

①セミナー(おすすめ度 ★☆☆)
同じカートシステムの利用が前提なので共通の話題が多いです。
デメリットは、相手の通販企業は必ずしも交流を目的に来ているとは限らない点です。
事前にカートシステムの営業担当などに、取り次ぎを頼めると良いでしょう。

②懇親会(おすすめ度 ★★☆)
交流が目的の場なので話が弾むはずです。
デメリットは、参加人数が多く宴席の話は今後の交流に必ず繋がる訳ではない点です。

③ワークショップ(おすすめ度 ★★★)
少人数のグループごとでの交流が目的なので、ビジネスに直結する話ができます。
また、最後に懇親会があれば、より交流が深まるでしょう。

このことから、「ワークショップ」と「懇親会」のセットでの参加が、
ビジネスの話ができ交流もできるので、最も交流が深めやすいイベントです。

まとめ:外に出る→情報収集・交換の場づくりがネットショップ成功の秘訣!

いかがでしたでしょうか?

ネットショップの担当者様の多くは一人で何種もの業務をこなす多忙な方が多く、タスクが貯まると自分の時間も削って作業を行う真面目な方が多い傾向があります。
が実はこの傾向が必ずしも成功の秘訣と言えないのがネットショップの難しいところです。

一生懸命頑張るだけがネットショップの成功の秘訣ではありません。
頑張り方にも“コツ”があります。
スポーツと同じく“コツ”を知っていると上達は速まります。また仲間がいる方が努力も続けられるはずです。

境遇の近い通販企業との交流をつくり、共に成功を目指されてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントを残す

*