2016/06/07

デザイナー不要!ネットショップで使える無料画像編集ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自社ECサイトの構築には色々と費用がかかるものですよね。
特にWEBサイトは完成後も価格やキャンペーン期間の変更といった画像の編集作業が都度発生します。
またスマホの普及が進んだ最近ではPC用とスマホ用の画像を用意したりとECサイトに求められる画像作成作業はどんどん増えています。

そこで本日は、デザイナーに頼らなくても画像のリサイズや文字入れといった作業がカンタンに行える無料のツールをご紹介致します。

ツールは主に2種類「ブラウザ系」「インストール系」が存在

画像加工ツールは沢山存在しますが大きく分類すると

①インストール系=ダウンロード後パソコンにインストールして使うもの
②ブラウザ系=ダウンロードもインストールも不要でブラウザ(Internet Explorer やGoogle Chromeを介したオンライン上を指す)から利用ができるもの

の2種類が存在します。

沢山のツールがありますが、現在では光回線のような高速回線インフラの整備や開発後の不具合に対応しやすいことなどからもブラウザ系のツールが多数リリースされている印象です。

また、インストール不要という手軽さもあり“ちょっとした作業”であればブラウザ系のツールの方が使いやすいです。
修正範囲が誤字や価格、キャンペーン期間くらいであればブラウザ系のツールが手軽に使えておすすめです。

ただしプロのデザイナーが利用するソフトはAdobe Photoshopを代表にインストール系のソフトなので、「自由自在に」「こだわりたい」といった「上級者向け」のニーズを満たしてくれる点ではインストール系に分があります。
その分価格が有料になるものが多く、立ち上げ時の初期費用を押さえたいECサイトでは導入を迷われるところではないでしょうか。

以上の特性を踏まえ、各ツールをご紹介いたします。

手軽に使いたいECサイト向け

BULK RESIZE PHOTOS

ネットショップツール1
(ブラウザ系 特徴:リサイズが得意)

写真をアップロードもしくはドラック&ドロップ。
その後表示されるメニューに合わせてリサイズが開始されます。
縮小タイプも豊富で「対比」「長編に合わせて」「横幅」「高さ」「サイズ指定」など、ほぼすべてのニーズを満たすメニューが揃っています。

QUICK PICTURE TOOLS

ネットショップツール2
(ブラウザ系 特徴:文字入れがカンタン)

写真をアップロード後、画面左下の項目に文字を入れると写真に文字が入ります。
文字の色付けや書体の変更などもできます。

ちょっとした金額や日付の変更であれば元写真さえ持っていれば開業間もないデザイナーのいないECサイトでもこのツールhttps://evernote.com/intl/jp/skitch/で応急処置ができます。

SKITCH(2016 年 1 月 22 日以降はmacのみ利用可能)

ネットショップツール3

(リンクはwindows版)
(インストール系 文字、注釈入れが得意)

シンプルな機能で軽快に動くこのツールは文字、注釈入れといった簡易な修正に大変おすすめです。
商品の説明など文字だけで伝わりにくい説明を入れるときなどに活躍間違いなしです!

バナー工房

ネットショップツール4
(ブラウザ系 機能:スタンプを組み合わせればバナーも作れる)

文字入れだけでなく登録されているスタンプや額縁などを複数組み合わせることができます。
写真のサンプルは文字と吹き出しを組み合わせて作りました。
使いこなせればキャンペーンバナーなども作れてしまうかも!?

こだわりたいECサイト向け

PHOTOSHOP EXPRESS EDITOR

ネットショップツール5

(ページ下部の「Editorを起動」から)
(ブラウザ系 リサイズ、写真加工、文字入れ)

プロのデザイナーが使うあのphotoshopの無料版がこちら。
メニューが日本語対応で無い点や日本語書体が少ないなどの「慣れ」が必要なツールですが、商品写真の修整なども得意で機能は豊富です。

商品写真が勝負の食品系ECサイトや、ライフスタイル訴求をしたいマガジン系に掲載するオシャレな写真の加工には特におススメです!

GIMP

ネットショップツール6
(インストール系 photosopと比較されるほどの多機能!)

長きに渡りPhotoshopの無料版として比較されてきたツール。

日本語化に一手間があったり、多機能故の起動がやや重いなどのクセもありますが、gimpを使いこなせたら画像加工において、できないことは無くなります。
開業間もないECサイトでは実にありがたいツールです。
またデータの保存形式次第ではPhotoshopで扱う.PSDデータを開くこともできるので元素材を編集することも可能です。

まとめ:無料ツールはECサイトの強い味方

無料の画像編集ツールを知っている、使いこなせているとちょっとした画像の修正は自分で出来てしまうことも多いです。
ECサイト運営でよくある、「金額の変更」や「テキストの変更」といった比較的軽い作業であれば、上記のツールで対応できることが多く、デザイナーに頼むまでのタイムラグやアウトソースコストを削減することにもつながります。

また開業間もないECサイトでは、2人目のメンバーにどのようなスキルをもった人を採用するかも悩むところですが、無料ツールで作業の幅が広がれば、必ずしもデザインが出来る人を優先的に採用する必要もなく、採用の幅も広がります。

唯一の注意点はECサイト側で修正をしすぎてしまうとデザイナーとの作業連携が取れなくなってしまい、場合によっては「元に戻せない」ということにもなってしまいます。
そのため、ECサイト側で修正をした際は記録を残すなどでデザイナーとしっかりと作業内容を共有しておくことが安心です。

関連記事

コメントを残す

*